学習塾開業から儲かる塾経営方法まで、小規模学習塾のための塾経営成功ノウハウ公開中!

褒めて指導する

 

 あなたの学習塾では子供たちに褒めることをしていますか?

 

「子供たちにはスパルタでビシビシと厳しく指導した方がよい」

 

という学習塾もありますが、最近の研究では、
厳しく指導するよりも褒めて指導した方が、やる気が向上するということが、
はっきり分かったようです。

 

特に、成績が悪い子供というのは、勉強に関してはいつも怒らてばかりで、
褒められることがありません。
家で親が子どもに勉強教えた場合、必ずと言っていほど、親は子供に対して怒ります。
結局ケンカになったりして、勉強がはかどることはありません。

 

そこで学習塾の出番ですが、
学習塾でも先生に怒られていたら、生徒はやる気をなくしてしまいます。

 

特に勉強が苦手な子には教えていて理解してくれなくても、決して怒ってはいけません。怒られ続ければ苦手な勉強がますます嫌いなってしまいます。指導していると、理解してくれないことにどうしてもいら立ちを覚えますが、そこはぐっと我慢し、褒めることに徹しましょう。

 

しかし褒めるとうい行為は、決して簡単なことではありません。
問題をすぐに理解して解いてくれる子なら褒めようもありますが、何せ
全く理解できない子相手では、褒めるところもなかなかありません。

 

上手に込めるコツとしては、例えば10問やって1問でも正解であれば、そのことを褒めます。
他の9問の失敗は見逃しましょう。なおかつ大げさに褒めるのです。

 

そして、そして何度も何度も褒めてあげていくうちに生徒のやる気は次第にアップします。
褒めるほうとしても、根気が必要ですが、これを行なわない限り、このような生徒さんのやる気を向上させるのはほぼ不可能です。
学習塾の指導に必要なのは、たくさん褒めることです。

 

 

【学習塾経営に失敗しないためにはノウハウが必要です】
★生徒が集まる塾と集まらない塾の差とは?
★効率的に儲かる学習塾経営法とは?
小さな学習塾の正しい経営法はこちら!