学習塾開業から儲かる塾経営方法まで、小規模学習塾のための塾経営成功ノウハウ公開中!

生徒募めにはチラシは不可欠

 

 学習塾業界には次のような言葉があります。
「生徒に一生懸命教えていれば口コミで生徒は集まる」

 

しかし、もし本当に生徒を集めたいのであれば、この言葉は信じてはいけません。
なぜなら、これで生徒を集めることは出来ないからです。

 

「口コミで生徒が集まる」というのは、超難関校の合格実績やあるいは特別な指導法を用いてマスコミに取り上げられるような稀なケースです。普通の塾が一生懸命指導したぐらいでは生徒は集まりません。

 

一生懸命教えることはもちろん必要です。
逆に言えば、一生懸命教えない塾などありませんので、この言葉が真実なら、日本中の塾は生徒だらけのはずです。でもそうならないのは、この言葉が間違っているからです。

 

生徒を集めるのは口コミではありません。
この言葉は、募集にお金をかけたくない、経営者の逃げでしかありません。

 

学習塾経営者ならば、一生懸命教えることと生徒集めは別として考える必要があります。

 

生徒集めの方法は宣伝です。

 

宣伝には、新聞折込みチラシやポスティングチラシ、はがき・DM・ホームページ・ポスター・フリーペーパー広告・紹介などさまざまですが、販促計画をしっかり行ない、予算をかけて実践していく必要があります。もし、お金がもったいないからといって、宣伝を行なわないような塾は確実に淘汰します。
何も宣伝しない塾は空気のような存在となり、すぐに消えます。

 

宣伝の中でも、チラシは不可欠です。

 

チラシをまくことで、「あの塾は生徒募集している」とお客さんに気づいてもらえます。
チラシを継続的にまいている塾とまかない塾の生徒数の差は歴然です。学習塾経営をしたならば、チラシから避けて通ることは出来ません。

 

 

【学習塾経営に失敗しないためにはノウハウが必要です】
★生徒が集まる塾と集まらない塾の差とは?
★効率的に儲かる学習塾経営法とは?
小さな学習塾の正しい経営法はこちら!