学習塾開業から儲かる塾経営方法まで、小規模学習塾のための塾経営成功ノウハウ公開中!

生徒が集まらない塾

 

 学習塾経営していくうえでは、生徒を集めが最大のテーマです。
他の面がどんなに完璧であろうと、生徒を集めることが出来なければ、塾の存続はありません。

 

だから学習塾経営者が一番にやらなければならないことは、生徒を集めることです。
しかし、世の中のほとんどの塾では生徒集めに苦労しています。
なぜでしょうか?

 

それは、単に少子化だから、ということではありません。

 

それは、学習塾は個人経営の、いわゆる"素人経営者"が多いためです。
素人経営者とは、何も考えずに塾開業した経営者のことです。

 

この方たちは、基本的に、生徒は向こうからやってくる、と思いこんでいるようです。
そんなことは絶対にあり得ないのですが、この方たちは、そこには興味がなく、

 

「どんな机を用意しようか?」
「インテリアやレイアウトはどうしようか?」
生徒がたいして集まらないうちから、このようなことばかりを考えています。

 

もちろんこれらを考えてより良くしていくことは大事ですが、こんなことばかり考えていても塾はすぐつぶれます。肝心なのは、自分から生徒を集めることです。

 

 

生徒を集める主な手段としては、以下の3つです。

 

●チラシ、DM、ホームページ等で告知する
●のぼり、看板、ポスターで外観を整える
●紹介

 

いずれも基本的なことですが、これらをきちんと行っている塾は極めて少ないです。

 

例えば、チラシをまいていなかったり、ホームページが無かったり。
「チラシをまいても反響が少ないから…」といってまいていない塾が多いのです。

 

確かに今の時代反響は少ないですが、まかなければ反響はゼロです。
ホームページはタダでも作れる時代です。作らない手などありません。

 

また、外観を良くすることは当たり前のように大事ですが、これも出来ていない塾が多くあります。
ポスターが古い、色あせている、電気が切れている…

 

このような状態で、生徒を集めようというのは、むしのいい話です。
生徒を集めたければ、最低上記3つは、意識をして塾経営する必要があります。

 

 

【学習塾経営に失敗しないためにはノウハウが必要です】
★生徒が集まる塾と集まらない塾の差とは?
★効率的に儲かる学習塾経営法とは?
小さな学習塾の正しい経営法はこちら!