学習塾開業から儲かる塾経営方法まで、小規模学習塾のための塾経営成功ノウハウ公開中!

 

 よく小規模学習塾が、チラシを配布するエリアを間違えている場合があります。

 

一般的な小規模学習塾の場合は、商圏を狭く考えます。

 

商圏の探し方ですが、距離にすると、自分の塾を中心に半径1キロ〜2キロ以内です。
そして、その中に大きな国道や線路、川など、人の流れがさえぎられてしまう物があれば、その向こう側はエリア外とします。

 

これをもとに、業者を利用して、配布エリアと部数を選定します。

 

新聞折込みの業者やポスティング業者には、折込み部数表というのがあります。
このような業者に一度配布をお願いするか、あるいは見積だけでも部数表はもらえますので、エリアを選定してチラシがおおよそ何部必要かを確認します。

 

そうすると、地域によっても違うと思いますが、1回の配布でおおよそ5000枚〜10000枚が必要という感じではないでしょうか。

 

こうしてエリアと枚数が決まれば、ここがあなたの塾の商圏ですので、ここにしつこくチラシを配布していきます。例えば、あなたの塾の商圏が5000枚のチラシが必要なら、1回のチラシ配布につき、5000枚の印刷をして配布し、また翌月に原稿を変えて5000枚を印刷し配布する、という繰り返しになります。

 

このエリアに集中して、しつこくしつこく配布していきます。
あきらめずにとにかくしぶとく配布です。

 

しかし、反響が悪いと言って、エリアを拡大してしまう場合があります。
多くの人が、商圏が狭いのが反響が悪い原因と思い込んでしまうのです。

 

反響が悪いのは、チラシの内容が悪いか、あるいは配布のタイミングが悪いかで、商圏の狭さの問題ではありません。5000枚のエリアがベストな商圏なのに、範囲を広げて10000枚まいても反響は上がらないおろか、印刷代、配布代の無駄になります。

 

よくランチェスターの法則と言われますが、
チラシは広い範囲に10000枚配布するより、狭い範囲で5000枚を2回配布したほうが効果が高くなります。チラシは、何度も配布してこそ生きるものなので、1回や2回配布したところで、いずれにしても効果はありません。

 

何度も配布することで効果が出るならば、小規模学習塾の場合は予算も少ないので、狭い範囲に何度も繰り返しまいたほうが良いのです。

 

 

【学習塾経営に失敗しないためにはノウハウが必要です】
★生徒が集まる塾と集まらない塾の差とは?
★効率的に儲かる学習塾経営法とは?
小さな学習塾の正しい経営法はこちら!