学習塾開業から儲かる塾経営方法まで、小規模学習塾のための塾経営成功ノウハウ公開中!

隣の塾に「チラシ」が勝っているか?

 

 学習塾経営では、隣の塾が1つのカギとなります。
隣の塾に比べて、塾として負けている点が多ければ多いほどあなたの塾に人は集まりません。

 

教え方が良い、月謝が安い、設備が良い、サービスが良い、立地が良い…など
学習塾には様々な入塾要素がありますが、まずは、隣の塾に負けないようにしなければなりません。

 

学習塾を探している人は、大きい範囲で探すことはしません。
北海道の人が「九州にはもっと良い塾がある」とは思いません。学習塾探しは、近隣の中で最も良い塾に入塾しようとします。

 

 

そしてあなたが、なんとか近隣の塾より優れた塾を作ったと仮定しましょう。
ではそれで生徒は集まると思いますか?

 

残念ながら、それだけでは生徒は集まりません。

 

これは当たり前のことです。
なぜなら、今の時点で、あなたの塾が近隣の塾より優れているということが、誰にもわからないからです。わかっているのはあなただけです。

 

さて、ではどうすればあなたの塾が隣の塾より良いことを、多くの人にわかってもらえるのでしょうか?

 

それは、宣伝です。
特にチラシです。チラシを頻繁に配布して、アピールしていく必要があります。これは当たり前のことです。さて、このことが解れば、どのようなチラシを作ればよいかも必然的にわかるはずです。

 

チラシを作る際に載せるべき内容は、隣の塾より優れた点、ということになります。

 

 

子供を塾に通わせようと思っている保護者は、近くに塾がいくつかある場合は、塾にわざわざ説明を聞きに行く前にとりあえずチラシなどで、塾の比較をします。どこが良い塾か調べているのです。

 

塾経営では、このことを理解してください。
チラシなど、まずは情報を提供することがとても大事なのです。もし、せっかく隣の塾より優れている点が多くあっても、その部分をアピールしなければ何の意味も無いのです。

 

これは、チラシだけではなく、パンフレットも同じです。

 

入塾を検討している保護者は、店舗前に置いてあるパンフレットを見にきます。
ここで、パンフレットが無いとか、あったとしても、大手塾のようなイメージ重視のパンフレットでは、ライバル塾に負けてしまいます。

 

チラシやパンフレットで相手に入塾してもらう近道は、近隣の塾に勝っている点を大きく載せてアピールするのです。そうすると、お客は一番良さそうなところに行くしかありませんし、せめて話だけでも聞いてみようと思うはずです。

 

 

実際に近隣の塾より優れていてもダメなのです。
チラシやパンフレットで優れていないとダメなのです。

 

逆にいえば、チラシやパンフレットで優れていれば、
実際には優れていなくても、入塾してくれやすいと言えます。

 

 

【学習塾経営に失敗しないためにはノウハウが必要です】
★生徒が集まる塾と集まらない塾の差とは?
★効率的に儲かる学習塾経営法とは?
小さな学習塾の正しい経営法はこちら!