学習塾開業から儲かる塾経営方法まで、小規模学習塾のための塾経営成功ノウハウ公開中!

FC塾のメリット・デメリット

塾開業時にFCに加盟するメリットは、

 

1、本部に学習塾経営ノウハウがある
2、塾経営の指導をしてくれる
3、知名度が高い
4、宣伝力がある
5、同じ仲間がたくさんいる

 

とういことです。もちろんFC塾の中でも大小ありますので、3〜5については大きなメリットが無いFC塾もあります。ただ、1と2に関しては、いろいろ指導してくれるので、これから塾経営を始めたい人にとっては大きなメリットです。

 

例えば、FCに加盟すると塾開業するのはとても楽チンです。
物件探しから、看板設置や備品の手配、教室レイアウトから、募集広告まで全て手配してくれます。これらを自分ひとりで手配するのはとても大変ですから、これは大きな魅力です。

 

また、FC塾は他教室の情報を聞けるのも魅力です。
何教室もあればそれなりに成功塾はありますから、その教室がどのように工夫して運営しているのかを聞くことが出来ます。(同じFC塾とはいえ、教室ごとに運営のやり方はそれぞれです。オーナーの手腕次第で業績は大きく異なります)

 

それなりのお金を払うので、メリットはたくさんありますが、逆にデメリットもあります。

 

FC塾に加盟する主なデメリットは、

 

1、資金が高い
2、ロイヤリティを払う
3、融通が利かない
4、失敗実績もたくさんある

 

まず、FCに加盟すればさまざまな面で資金が高くつくことになります。

 

まず、ロイヤリティがかかるのはもちろんですが、それ以外にも、仕入れ代(教材など)や宣伝費も高くつきます。今の時代は、FCに頼らなくても、仕入れや宣伝費を安くすますことが出来ます。ある程度塾経営を経験していくと、わざわざ高いお金を払ってFCから仕入れることがばかばかしく思えるようになってきます。

 

また、塾経営をしていると、自分の意見というのを反映しながら経営していきたくなるものです。
しかし、融通が利かない場合が多くあります。例えば月謝を変えたくても変えられないということなどです。

 

また、塾競争が激化している最近では、FC塾といえども、生徒集めが困難な状況です。今の時代は、ネームバリューだけでは通用しません。逆に評判が悪ければ、そのネームバリューがあだとなってしまう場合もあります。

 

また、FC塾が持っているノウハウも、ある意味通用しなくなってきています。FC塾が持っている教室運営ノウハウというのは、結局のところ全国共通マニュアルでしかなく、地域密着型の小規模塾にとっては、あまり意味のないものになってきています。

 

このように、以前はメリットであったはずのことが、メリットじゃなくなってきています。
時代とともにFCも考え方を変えていく必要があるはずですが、大手であればあるほど時代のスピードについていくことが出来ないようです。結局のところFCに加盟しても絶対にうまくいくとは限らないのです。むしろ失敗も多いのです。FC塾に加盟する場合は、慎重に検討する必要があります。

 

 

【学習塾経営に失敗しないためにはノウハウが必要です】
★生徒が集まる塾と集まらない塾の差とは?
★効率的に儲かる学習塾経営法とは?
小さな学習塾の正しい経営法はこちら!